善竹富太郎の喫煙歴や持病・血液型は?入院先病院はどこ?年齢40歳でコロナは死亡は若すぎる

大蔵流狂言師である善竹富太郎(ぜんちく とみたろう)さんが40歳という若さでお亡くなりになりました。原因は、新型コロナとのことですが、

肺炎ではなく敗血症とのこと。

そこで今回は、40歳という若さでお亡くなりになった善竹富太郎さんについて、喫煙歴や持病・血液型など。そして入院していた病院について調査しまとめました。

善竹富太郎の妻嫁や子供(息子娘)の家族やwikipedia風プロフィール学歴・経歴について

2020年5月2日
スポンサーリンク

善竹富太郎(ぜんちく とみたろう)が新型コロナにて死亡

大蔵流狂言師である善竹富太郎(ぜんちく とみたろう)さんが新型コロナによる敗血症にてお亡くなりになったとの報道がされました。

しかも40歳という若さで、肺炎ではなく敗血症とのこと。新型コロナって、肺炎になり重篤化しお亡くなりになるケース以外もあるのですね・・・

この若さで死に至るとは、なんとも恐ろしいウイルスです。年配の方や病気持ちの方は重篤化しやすいとよく言われていますので、

もしかすると持病持ちであったり、喫煙者であったりするのではないでしょうか。

善竹富太郎のプロフィール

まずは、善竹富太郎のプロフィールについて。

プロフィール
  • 本名:茂山富太郎(しげやま とみたろう)
  • 生年月日:1979年8月10日
  • 年齢:40歳
  • 学歴:学習院大学卒

出身は東京都で、学習院大学卒業の大蔵流狂言師です。

曾祖父は、善竹彌五郎は狂言界で初の人間国宝とされており、その血を受け継いで狂言界で活躍をされていました。

また、善竹富太郎さんは、普通の狂言だけでなくオペラとのコラボなど、新しい分野にも挑戦をしていました。

善竹富太郎は喫煙者?持病持ちであった?

40歳という若さでお亡くなりになったということですが、善竹富太郎さんは喫煙をしていたり実は持病を持っていたりしたのでしょうか?

まずは、喫煙歴について。

こちらについては調査しても喫煙をしていたという情報は一切出てきませんでした。狂言師ですので、舞台で声を出すのが仕事ですので、喉は大切にしていたと思います。

その為、喫煙はしていなかった可能性が高いのではないかと思います。

続いて、持病があったかどうかについて。

40歳という若さですので、持病があったかどうかが非常に気になります。持病があったかどうかについて疑問に思っている人も多い中で、

「持病がなくても亡くなられている」

と投稿されている人もいます。報道の中でも、持病があったとは現在時点、公表されていませんので新型コロナにかかる前は、健康であったのではないでしょうか。

もしそうだとすると、コロナがとても恐ろしく感じますね・・・

善竹富太郎の入院先の病院はどこ?

善竹富太郎が入院していた病院は一体どこなのでしょうか。

最後は、東京都渋谷区病院だったそうですがそれまでは陽性と判明した後、軽症者としてアパホテルにて状態が良くなるまでということで隔離待機をしていたようです。

4月7日にはアパホテルについて、ツイートしておりそれはアパ社長についての投稿だったみたいですね。

善竹富太郎の妻嫁や子供(息子娘)の家族やwikipedia風プロフィール学歴・経歴について

2020年5月2日

こちらの記事も人気です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です