酒井莉加(立川志らくの妻嫁)不倫相手は立川うおるたーで車内行為の内容は?弟子25歳で顔画像名前を特定!

落語家の「立川志らく」さんの妻である「酒井莉加(さかい りか)」さんが弟子であり落語家を休業している25歳の劇団員と不倫関係になっていると週刊文春によって報じられました。

そこで今回は、酒井莉加さんの不倫相手である弟子は一体誰なのか?を調査した結果、名前は劇団謎のキューピーのタコ太郎こと「立川うおるたー」さんということが分かりましたので、顔画像や車内でのキスと「その他」の行為の内容について調査しました。

スポンサーリンク

落語家:立川志らくさんの妻である酒井莉加さんが不倫!?

落語家の立川志らくさんの嫁さんである「酒井りか」が、弟子であり落語家を休業している25歳の劇団員と不倫関係になっているとのこと。

週刊文春の報道によると、子供を連れてランチや遊びに行ったりするなど、堂々と不倫をしているようです。

二人のデートは頻繁に行われていて

  • 2月7日:スーパーへ二人一緒に食料品の買い出しに行き、志らくが地方公演のために不在の自宅で夜を共に
  • 2月19日:深夜に自宅近くの駐車場に軽自動車を停めて、酒井莉加さんと弟子の2人は車中でキスやその他の“行為”に及んでいた
  • それ以降も度々、コンビニやスーパーの駐車場で1時間以上も愛を育んでいた

立川志らくさんが地方公演の間を狙って二人は不倫行為に及んでいたようですね。そして、2人は車中でキスやその他の“行為”に及んでいたということですが、「その他行為」の内容が非常に気になりますね。

酒井莉加さんの不倫相手の弟子は「立川うおるたー」

今回週刊文春によって報じられた立川志らくさんの弟子であり落語家を休業している25歳の劇団員とは一体誰なのか?を調査した結果、「立川うおるたー」さんであることが判明しました。

3月4日の週刊文春オンラインの無料記事の情報から分かっているのが以下の情報です。

  • 立川志らくさんの弟子
  • 25歳
  • 劇団員
  • 落語家を休業中

劇団員ということですが、立川志らくさんの妻の酒井莉加さんが「謎のキューピー」という劇団を主宰しています。

現在は、落語家は休業しているとのことで、立川市らくさんのwikiを覗いてみると、一人のみ休業中であり、それが「立川うおるたー」さんでした。

そして不倫相手が「立川うおるたー」さんであることを決定づけるのが、週刊文春のWEB版では記載されていませんでいしたが、LINEを見てみると名前が出ていました。

立川うおるたーの顔写真・プロフィールは?

酒井莉加(さかい りか)さんの不倫相手である立川うおるたーさんのプロフィールや顔写真についても調査しました。

過去には坊主にしていたこともあったようですね。

またプロフィールについてはこちらです。

  • 芸名:立川うおるたー(タコ太郎)
  • 本名:不明
  • 出身地:山梨県南アルプス市
  • 年齢:25歳?
  • 職業:劇団員
  • 趣味:映画、読書、ダイエット

立川志らくさんの門下でありますが、2017年より落語家休業中で劇団員を現在はやっています。

最初は立川志らくさんに憧れて落語家の弟子入りしたものの、演劇をしたいとのことで2017年より落語家を休業しています。

そして、立川志らくさんと酒井さんが主宰する劇団謎のキューピーで「タコ太郎」という役者名で劇をしているとのことです。

実は酒井莉加さんの不倫は2度目だった!?

今回報道された不倫騒動ですが、週刊文春によれば酒井莉加さんは、4年前も不倫していたそうです。しかも、今回と同じように、不倫相手は立川志らくさん弟子だったそうです。

それが判明した時、師匠の立川志らくさんは破門という制裁を与えたようです。その後その弟子は消息が不明になったようですが・・・

酒井莉加さんは過去に不倫をしていて、また違う男性と不倫と報道されていますがこれは、不倫欲求が高いのか?何度もとなると、立川志らくさん自身に夫としてや家庭に問題があるのかもしれませんね。

地方公演やテレビ出演も多いので家を不在しがちだと思いますので、酒井莉加さんも寂しい思いもしているのではないでしょうか。

だといっても不倫は良くないことですが、今後の離婚するのかそのまま婚姻関係が続くのか木になるところです。

酒井莉加さんと立川うおるたーさんの車内キスその他の行為内容とは?

今回週刊文春によるスクープの中身ですが、

深夜には、自宅近くの駐車場に軽自動車を停め、酒井りかさんと弟子の2人は車中でキスやその他の“行為”に及んだと報じられています。

車内で行為を行なっていたということですが、キスは分かりますが、

その他の「行為」とは一体どんな行為なのか?という行為の内容が非常に気になります。

文春のタイトルには「自宅前でわいせつ行為」とまで書かれています。ネット上の情報を見ていると車内で●間をまさぐると、書かれているものもありました。

文春でここまで記載されていますので、一線を越えた行為内容があったのだと思いますし、キスについては酔っていたかもと言っていますが、何度も二人で逢っていることから言い逃れは出来ないでしょうね。

こちらの記事も人気です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です