西宮市新型コロナ感染40代男性の通勤経路・勤務先会社や感染経路は?JR利用駅や大阪市も

日々新型コロナウイルス感染者の報告がされ日本でも感染者数が拡大していますが、今回兵庫県の西宮市で新型コロナ感染者が確認されたことが発表されました。

今回の報道で兵庫県初の新型コロナ感染者の発表となります。

その感染者とは兵庫県西宮市で、大阪市内の会社で勤務する会社員で40代の男性とのこと。

その男性は、2月23日までJRを利用して大阪市内の会社まで通勤していたそうですが詳しいことは報道されておりません。

そこで今回、明確に報道されていない兵庫県西宮市で新型コロナ感染の40代男性会社員の通勤経路や感染経路に焦点を当てて調査しました。

スポンサーリンク

西宮市で40代男性会社員が新型コロナ感染

3月1日に、兵庫県西宮市で新型コロナ感染者の発表がされました。その感染者とは西宮市の40代男性の会社員とのこと。

その男性は、大阪市内の会社に勤務していて、2月25日から38度台の熱が続き、せきの症状があったようです。

しかも、2月23日までは、その大阪市内の会社に電車で通勤していたとか・・・これは県知事からの報道ですので間違いない内容だと思いますが、同じ電車・車両に乗車していたら非常に怖いですね。

この40代男性の西宮市から大阪市までの通勤経路や勤務先の会社が気になります。

西宮市新型コロナ感染40代男性の行動歴や感染経路

3月1日に、兵庫県西宮市で40代男性の会社員が新型コロナウイルスに感染しているとの発表がされましたがその男性の行動歴や感染経路はいかがなるものなのでしょうか。

この男性は海外への渡航歴はなく、最近まで話題となっていたクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」に乗船はしていないそうです。

この男性の感染前が分かる前の行動歴を調べてみると、

  • 2月23日まで、大阪市の会社で勤務
  • 2月24日、夜勤明けで休み
  • 2月25日、38度近い熱を発症
  • 2月26日、医療機関Aを受診
  • 2月27日、医療機関Bを受診
  • 2月28日、医療機関Cを受診し、肺炎を確認
  • 3月1日、新型コロナ感染確認、入院

この男性は医療機関でインフルエンザの検査をしてもらっていたようですが、どれも陰性。おそらく、インフルエンザでもなくなかなか熱が下がらずしんどかったので複数もの医療機関で受診を繰り返していたのではないでしょうか。

この男性が受診した医療機関はどれも西宮市内とのことですが、診療下側の病院はまさかコロナウイルスとは思っていなかったと思いますので、この病院の今後も非常に心配ですね。

この40代男性は25日に熱が出ていますので、その約2週間前あたりまでの間に誰かから感染したものであると思われます。

大阪市内の会社へ勤務していたとのことですので、大阪市内のどこかで感染した可能性が非常に高いと思います。大阪府でも感染者の報告が次々とされていますので・・・

ちなみにこの男性は、会見では尼崎の病院に入院していると報道されており、尼崎では第2種指定感染症医療機関として「尼崎総合医療センター」しか指定されていませんので、こちらの病院入院している可能性が非常に高いです。

西宮市新型コロナ感染40代男性の勤務先の会社やJR通勤経路

兵庫県西宮市の40代男性の会社員が新型コロナウイルスに感染とのことで、この男性は2月23日まで大阪市内の会社までJR線を利用して通勤していたとのことです。

その40代男性の勤務先の会社や通勤経路(通勤ルート)、利用駅、男性の最寄駅はどこだったのでしょうか?

まずは、男性の勤務先の会社ですが大阪市内とまでは通勤していたとの情報がありますが企業名までは現時点、発表されていません。しかし、夜勤をしていたようですので、夜勤がある会社で勤務していたということになりますね。

続いて、この40代男性の通勤ルートですが、西宮市から大阪市までJR線を利用していたそうですね。

  • 甲子園口駅
  • 生瀬駅
  • 西宮駅
  • さくら夙川駅
  • 西宮名塩駅

などなどが、JR線の西宮市内の駅となりますがこの男性の住所は公開されていない為、特定までは至っておりません。

しかし、快速を利用していたとの情報がありますので、西宮駅から、大阪駅もしくは新大阪駅までを利用していたのはほぼ確実でしょう。

 

こちらの記事も人気です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です