福山哲郎の経歴学歴や妻嫁(結婚相手)や家族子供は?プロフィールや二重国籍について

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、安部総理は公立の小学校・中学校・高校を3月2日から一斉休校の要請を出し、それを受けて一斉休校をしている自治体が多くなっています。

この件について国会で立憲民主党の福山哲郎が話題となっています。

そこで今回、福山哲郎さんについてのプロフィール・家族(妻・子供)や経歴学歴について調査しました。

スポンサーリンク

福山哲郎のプロフィール

福山 哲郎(ふくやま てつろう )さんは、日本の政治家であり、立憲民主党所属の参議院議員で4期目として活躍しています。

プロフィール
  • 名前:福山 哲郎(ふくやま てつろう )
  • 生年月日:1962年1月19日生まれ
  • 年齢:58歳(2020年3月時点)
  • 血液型:O型
  • 干支:寅年
  • 子どもの頃の夢:野球選手
  • 趣味:茶道・野球
  • 好きな言葉:「一日を生涯として生きる」

福山哲郎の経歴・学歴

立憲民主党所属の参議院議員で4期目として活躍している福山哲郎さんですが、一体どんな経歴や学歴などのこれまでに至る背景(バックグランド)があるのでしょうか。

  • 出身地:東京都出身
  • 小学校:トキワ松学園小学校
  • 高校:京都府立嵯峨野高等学校
  • 大学:同志社大学法学部卒業
  • 1986年、大和証券に入社し、1990年退社。
  • 同年、松下政経塾に入塾(第11期生)
  • 1995年、京都大学大学院法学研究科修士課程修了

福山哲郎さんには二重国籍といった情報があり、それについては後ほど紹介します。最終学歴は京都大学院法学科で修士課程を修了しています。

続いて経歴についてです。様々な経歴を持っているお方ですので全ては紹介しきれませんが大きいところで紹介していきたいと思います。

  • 1998年 :第18回参議院議員通常選挙当選(京都府選挙区)
  • 2001年:京都造形芸術大学客員教授(政治学)
  • 2002年:民主党地方組織局長、民主党京都府総支部連合会会長
  • 2003年:マニフェスト準備委員会事務局長
  • 2004年:第20回参議院議員通常選挙当選(京都府選挙区)
  • 2005年:参議院環境委員長、民主党調査局長、民主党憲法調査会第二小委員会座長、マニフェスト起草委員会事務局長
  • 2007年:民主党・新緑風会政策審議会長、民主党政策調査会会長代理
  • 2008年:民主党地球温暖化対策本部事務総長
  • 2009年:外務副大臣(鳩山由紀夫内閣)
  • 2010年:内閣官房副長官(菅内閣 – 菅第1次改造内閣 – 菅第2次改造内閣)、第22回参議院議員通常選挙当選(京都府選挙区)
  • 2011年:参議院外交防衛委員長
  • 2014年:民主党政策調査会長
  • 2015年:民主党幹事長代理
  • 2016年:第24回参議院議員通常選挙当選(京都府選挙区、民進党公認)
  • 2017年:参議院東日本大震災復興特別委員長、立憲民主党幹事長

そして現在(2020年3月時点)は、立憲民主党幹事長をしています。京都大学院修士課程後、政治の世界で現在まで活躍しておられます。

福山哲郎の結婚相手(妻嫁)は誰でどんな人?そして子供などの家族構成は?

政治世界で活躍している福山哲郎さんですが、結婚相手の妻・嫁や子供などの家族構成はどうなっているのでしょうか?こちらについても気になる人はいると思いますので調査しまとめました。

福山哲郎さんの家族構成は、妻と息子(長男)がいるそうです。

妻の名前は「千恵子」さんと言われる方だそうですが、哲郎さんの政治活動の場でも堂々と登場されています。

また、子供については息子(長男)が一人いるようですが、その子供については名前の公表もされておりません。

さすがに子供については、個人情報(プライバシー)にも配慮して、福山さん本人やマスコミも公表・報道はしていないのでしょう。

ちなみに、福山哲郎さんには実は弟がいて俳優をされているそうです。

名前は「福山俊朗(ふくやま しゅんろう)」。哲郎さんと8歳違いだそうです。

その他、歌のお兄さん、司会・落語家・映画出演などもしたことがあるそうです。

福山哲郎の二重国籍の理由は?

福山哲郎さんについて調査していくと陳哲郎という名前があがってきたり、二重国籍であるといった情報がありますのでこちらについても調査しました。

福山哲郎さんが二重国籍だと言われている理由は・・・

実は福山哲郎さんは帰化人で、帰化する前は「陳哲郎(チン・チョルラン」という名前だったという情報があります。

”1975年8月29日に日本に帰化”とwikiに記載があったものの突如削除されています。

別に帰化人ということでも、日本では、帰化すれば直後からでも選挙に出馬でき、国会議員になれます。真実・真実でないにしても、誤解を招かないように身元はハッキリと公表すべきであると思います。

ただ、官報を見ると、そこにはハッキリと同姓同名で生年月日も同一の人物の記載があり、これによると帰化する前は、陳哲郎だっとようです・・・

同性同名だけではなく、生年月日まで一緒だとこれによると、まったくの別人とは考えにくいですね。

さすがに国会で活躍し、日本国民のために日本を動かす政治家なだけに身元はハッキリとさせて頂きたいものです。個人の政治活動に影響すると考えて公表しないのであれば大問題であると思います。

こちらの記事も人気です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です