【住宅ローン】ろうきんの仮審査の日数は?体験談と日数短縮のコツをお教えします!

住宅ローンを組む場合、必ず通る道である住宅ローン審査。

「いい物件が見つかった!」

だけど、物件の売買契約する前に仮審査を通しておかなければ契約出来ません。

仮審査に時間がかかっていると、その間に他の人に売れてしまうかもしれません。

同じ物件は、2度として売られることはありません。

「立地・建物・環境 など・・・」似たような物件が出たとしても、決して同じではないのです。

なので、いい物件が見つかったときは、一刻も早く住宅ローンの仮審査を通しておきたいものです。

今回は住宅ローンについて、

ろうきん」での住宅ローンの仮審査の日数について、体験談を元にご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

「ろうきん」ってどんな銀行?

「ろうきん」とは、働く仲間がお互いを助け合う為に作られた金融機関です。

基本的には労働組合や生活協同組合などが会員となり、会員が出資を行い、会員へのサービスを目的とする非営利組織です。

営利を目的としない為、非常に金利が安くローンを組む事が出来ます。

またろうきんは、全国に13のろうきんが存在し、それぞれのお住まいの地域やお勤めの地域によってご利用になれるろうきんが異なります。

「ろうきん」って誰でもお金を借りれるの?

「団体会員の方」
・ろうきんに出資している労働組合の組合員
・国家公務員・地方公務員
・勤労者のための福利共済活動を目的とする団体で一定の条件を満たすもの。

「生協会員の組合員および同一生計家族の方」

「一般労働者」
・団体会員の構成員の方、生協会員の組合員および同一生計家族の方のいずれにも該当しない方

上記に加えて、下記の条件に該当される方

  • 満20歳以上で最終ご返済時が満76歳未満の方
  • 安定継続した年収が150万円以上ある方
  • 同一勤務先に1年以上勤務している方(自営業者等の方は原則3年以上同一事業を行っていること)
  • 団体信用生命保険にご加入できる方
  • その他、当金庫の取扱基準ならびに当金庫の指定する保証協会の保証基準を満たす方

住宅ローンの仮審査って何?

住宅ローンの審査には2種類の審査があります。

それは、「仮審査(事前審査)」「本審査」です。

今回はその仮審査(事前審査)についてのご紹介ですが、

「仮審査(事前審査)」とは・・・銀行内の内部審査であると考えて下さい。

この人に、住宅ローン希望金額を貸してもいいものなのか?

貸して返済貰えなければ、銀行の大損になってしまいます。

仮審査では、住宅ローン申請者の年収・職業・勤続年数・購入予定物件情報などの提示が求められます。

また、他の借り入れ状況やクレジットカードの返済履歴を確認され、

本当にお金を貸しても問題ないかを審査するものです。

この審査の後に、「本審査」というものがあるのですが、仮審査(事前審査)が通ると、

9割以上の確率で本審査が通るので、非常に重要な審査と言えます。

住宅ローンの仮審査に必要なもの

仮審査時に必要なものをご紹介します。

いざ欲しい物件が見つかった場合一刻も早く事前審査を終わらしたいものです。

その為に事前準備しておくことで、審査にかかるロスを短縮できます。

仮審査(事前審査)に必要な物

・運転免許証
・源泉徴収書(直近1年分)※給与所得者など
・確定申告書 ※個人事業主の方など
・健康保険証
・お勤め先の情報(会社名・所在地・電話番号・従業員数など・・・)
・物件情報
・他金融機関の借入残高がある場合、残高証明書
・印鑑

仮審査は、店舗でもろうきんホームページでもどちらでも申請可能です。

「ろうきん」の住宅ローン 仮審査日数

ろうきんでの仮審査の日数ですが、一般的には、営業日で3日〜10日前後で結果が出ます。

非営利組織ですので、他の金融機関と比較して審査が遅い傾向にあります。

仮審査日数を短縮するコツ

一刻も早く審査結果を知りたい!申請すると結果がまだかと、ソワソワするものです。

途中で審査が止まると結果が出るまでの日数に影響が出てしまいます。

そこで、審査を早めるコツをご紹介します。

それは、他の金融機関での借入やクレジットカードを複数枚持っている場合。

事前に他の金融機関の借入(自動車ローン)を返済する事とクレジットカードを解約しておく事です。

私の場合、事前審査の申請をして7営業日後の結果となりました。

しかし、途中でろうきん担当者から連絡があり、

「途中で審査が止まっています。止まっている理由は分かりませんが、クレジットカードなどお持ちでしたらそちらが原因かと思われます。」

このような連絡がありました。審査が止まっている理由はろうきん側では、知っているはずであるのに、正確な理由を決して教えてくれません。

しかし、クレジットカードが影響してそう・・・とのヒントは頂けました。

その結果、3枚所持しているもののうち2枚を解約と連絡。その際、カードの契約日の情報が聞かれました。

その情報を伝えた結果、その翌日に

カード解約を条件に仮審査が通りました本契約の際は、解約証明書を持参下さい。」

とのことでした。

このことから事前にカードの解約をしておくこと。そうすれば3日ぐらいは審査日数を短縮出来たと思います。

私の場合は、車のローンが残っていましたが、一切そのことには触れられませんでした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事では、ろうきんでの仮審査(事前審査)についてご紹介しました。

審査を早めるコツは、準備するもの・情報はしっかりと申請までに準備しておく事。

そして、他の借入がある場合は、解約したり、解約するとの旨を伝える事。

これが審査日数を短縮するコツです。

ろうきんの金利は非常に安い反面、審査は遅い傾向にありますので、是非、本記事を審査の参考にしてみて下さい。

 

こちらの記事も人気です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です